江ノ島自殺の危険性 スピリチュアル自殺否定論と生きて行くための克服法

エタリラ670です。

海で溺れた、
女性を、
助けることで、

体を手に入れようとする、

下心男性がいるので、

江ノ島での女性の自殺は、
行うべきではない。

江ノ島での自殺は、
想像以上に、
危険。

橋の方では、

確実に落ちれば、

岸まで行けずに、

生きたくても、

溺れて死にます。

生きたくなっても、

溺れ死にします。

手すりや、

ロープがあっても、

握力の無い、
男性、
女性、
子ども、
障害者、
高齢者は、
助かりません。

海面の高さも、

日によって違うし、

手すりは、

予想以上に、

上しかないし、

上がれるとしても、

尖った貝殻で、

足が怪我するし、

水分で、

洋服が重くなるし、

年を取ると、

予想以上に、

泳げなくなるものです。

注意です。

絶対に、

自殺はしないでおきましょう。

スピリチュアル書にも、

霊界から、

この世界へ来た、

高級霊様が、

自殺はすべきではないと、

話しているし、

霊界通信
桜姫物語では、

神法により、自殺はすべきではないと、

記述があります。

絶対に、

自殺はしないようにしましょう。

ジブリアニメ映画の宮崎速雄監督も、

映画監督の北野武さんも、

東京大学名誉教授の養老孟司さんも、

高齢長生きして、

生き続けることを選んでいます。

食物連鎖の苦しみも、

気にしないことです。

どんな生物も、

栄養として、

食べています。

罪悪感を感じる方は、

罪滅ぼしをしましょう。

慈善団体への寄付も良いし、

最寄りの警察署へ、

自首するのも良いでしょう。

仕事が辛いなら、

インターネット検索で見つかる、

求人サイトで、

受かるまで、

面接を受けて行きましょう。

諦めずに、

長く、

良く、

世界のために、

生き続けることがだ大切です。

貴方が生き続けることを、

心より願っています。

[PR]
by takeshi_egawa_z | 2016-06-18 17:36